恋愛

生活

既婚男性が恋煩いする心理とは?どう対処すればいいの?

既婚男性が本気で恋煩いをすることはそれほど珍しいことではないようです。 だからいい年して恋煩いするのはあなただけではないので、あまり不安にならないで下さい。 ただ、パートナー以外の女性を好きになることについては、大きな声では言えることではありません。 そのため既婚男性はパートナー以外の女性に対する恋煩いに苦しむことになります。 今回は既婚男性が恋煩いになった際、どんな心の動きがあるのか?そしてどうすればいいのか?調べたことをシェアします。
生活

縁がある人とは切れない理由と運命は信じても良いの?

私の友人が運命と思える相手がいると相談してきました。 男女の仲でしたが2度目の別れをしてもう一生会うことも再度付き合うこともないと断言していたのですが、3度目のお付き合いをするかもしれないと言っているのです。 「3度目の正直」という言葉もあるように、彼とは本当に縁があるのだと信じることができるとも言っていました。 私も友人には幸せになってほしいので、本当に縁がある人とは切れないのか、運命は信じても良いのかを調べてみました。
生活

嫉妬しない人になりたいのにできない!考え方を改めてみる5つのポイント

嫉妬という感情は本当に厄介ですよね。 私自身、努力しても認められないとき、自分よりできる人が上司から褒められている姿を見て、嫉妬の感情が出てきます。 そして嫉妬する自分に嫌気がさしてきます。 嫉妬は負のスパイラルに持っていく最強で最悪な感情だと思っています。 そこで自分自身に嫌気をささないようにするためにも嫉妬をしない人になりたいと思い、どうしたら嫉妬せずにすむのか、いろいろ調べてみました。
生活

他の男性と話すと嫉妬する職場にいるめんどうな男のタイプを分析してみた!

私の友人が職場にとても面倒な男性がいると愚痴を言っていました。 男性が多い職場なのですが、友人が複数の男性社員と会話をしていると嫉妬心むき出しで不機嫌になったりする人がいると言います。その男性とお付き合いをしているわけではないのに、すごく目ざわり、聞きざわりな言動をしてくると言うのです。 このこと以外に職場への不満は無いので、転職などは考えていませんが、困っていたので、どのような男性が職場の他の男性と話すと嫉妬心をむき出しにするのか、対処法はあるのか調べてみました。
生活

好きだからこそ連絡しない女性を男はどう思う?

私の娘が好きな男の子ができて、毎日ウキウキソワソワしています。 片思い中のようで、付き合いたいけどどうやってアプローチすれば良いのか分からない様子です。 「恋愛に駆け引きは大事!」という言葉を信じているようで、携帯を片時も放さず、連絡が来てはすぐにチェックするのにすぐに返信しないという、好きだからこそ連絡しない彼女なりの駆け引きをしているみたいです。 そんな彼女に私から「駆け引きで連絡しないと男の子は待ちくたびれて気持ちが離れちゃうよ!」とアドバイスしてみましたが、私の言葉は響かないので、実際どうなのか調べてみました。
生活

駆け引きで連絡しない男の画策

私の娘が好きな男の子ができて、毎日ウキウキソワソワしています。 片思い中のようで、付き合いたいけどなかなか連絡の来ない相手だと悩んでいます。 その男の子は他の子との連絡はマメのようで、娘はやきもきしています。 女性は駆け引きで連絡をしないということはあるのですが、男性で駆け引きで連絡をしない!ということがそもそもあるのか、もし駆け引きで連絡をしない場合、どんな男性に多いのか調べてみました。
生活

離婚が決まってる人と付き合う場合離婚してから付き合うのがいい?

結婚している人は家庭的な雰囲気があり、結婚したら絶対に幸せな家庭が築ける!という想像がつきやすく、ついつい恋に落ちてしまうこともあります。しかもその相手が離婚が決まっていたらなおさらその人と付き合いたいと強く思ってしまうことがあるようです。 私の友人がまさにその渦中にいて、相談してきました。まだ離婚はしていないという時点で私はリスクがあるとは思ったので、離婚前に付き合ってもいいのか、離婚してから付き合うのがいいかいろいろと調べました。シェアしていきます。
生活

外国人の彼氏は重いって本当?日本人彼氏との違いは?

外国人の彼氏というと背が高くて顔の彫が深くでイケメン、エスコート上手で紳士的、そしてストレートな言動でキュンとなるなど、良いことばかりが頭に浮かびます。 しかし実際に外国人彼氏と付き合った経験がある人の話を聞くと意外と重いと感じるという声が多いのは事実です。 もちろん外国人彼氏の出身国の文化や個人的な性格、育った環境にもよるので全員が全員重いというわけではありませんが、重いと感じる理由を紹介していきます。
sponsored link
タイトルとURLをコピーしました