休暇

冠婚葬祭・マナー

葬式休みの言い方と職場への伝え方

お葬式は突然やってきます。ある程度予想がつく方もいますが、基本的に訃報(きほう)は突然で深い悲しみと同時に仕事や学校、プライベートの都合をつける大変さも押し寄せてきます。 特に仕事の場合は、会社だけでなく取引先やお客様に迷惑をかけることもあり、社内だけで都合がつくとは限りません。 また身近な親族の葬式の場合、いろいろな手続きなどで長いと1週間以上休まなければいけないこともあります。 このような事態になってしまったとき、葬式休みの言い方は忌引き(きびき)/弔事(ちょうじ)のためのため休暇をいただけないか、もしくは慶弔(けいちょう)休暇をいただけないかと職場へ伝えますが、どうすればうまく仕事が休めるか紹介していきます。 迷惑をかけてしまうのは、やむを得ないですが、できるだけ迷惑を少なく、そして復帰後に仕事をしやすいようにする方法をお伝えします。
sponsored link
タイトルとURLをコピーしました