ギフト

冠婚葬祭・マナー

お食い初めのときに祖父母からのお祝い金はだいたいいくら?

私の姉が子どもを出産し、もう少しでお食い初めです。そこで母が「お食い初めのお祝い金はいくらぐらい包めばいいと思う?」と聞いてきました。出産祝いを渡して、お宮参りもあって、今度はお食い初め、この次は節句などと出産後のイベントは続きます。母は何にいくらなのか毎回迷っています。お祝い金は気持ちというものの、相場と外れていてはいけないなど気にしています。お返しに気を遣わせない金額というのはいったいいくらなのかなど、困っているので、お食い初めのときに祖父母からのお祝い金はだいたいいくらなのか、調べてみました。
冠婚葬祭・マナー

お食い初めのお祝い金は誰に渡すのが正解?渡すタイミングとは

お食い初めは、産まれてきた赤ちゃんが100日経ったときにお祝いをする百日祝いとも言います。 百日祝いでは、赤ちゃんにお膳を準備して食べる真似をさせますよね。 現代では生まれて100日経つことにあまり意味はないのかもしれませんが、昔は赤ちゃんが100日間無事に育つことは並大抵のことではなかったんです。 赤ちゃんが100日元気で育ってることに感謝するという意味で、昔から行われている恒例行事なんですね。 そんなお食い初めではお祝い金を準備することでしょう。 ただ、このお祝い金はいったい誰に渡すのがいいのでしょうか? そんな疑問を解決するべく、ここではお食い初めのお祝い金は誰に渡すのが正解なのか、金額の相場や渡すタイミングについてご紹介していきます。
sponsored link
タイトルとURLをコピーしました