肌荒れ対策には化粧水だけでは不十分 美肌になるにためにやることは保湿

夏場の紫外線による日焼けに木枯らし吹く冬の乾燥した空気、私たちの肌は常にダメージと戦っています。肌荒れを防ぎ綺麗な肌を手に入れてすっぴん美人を目指しませんか?日々の中でもダメージを負っている肌のケアに化粧水だけで対応できているのかについて説明していきます。

肌荒れ対策には化粧水だけでいいの?

化粧水のみ 調子いい

肌荒れするのは嫌だけど時間もないし化粧水だけで済ませたい、美容成分が多く含まれたクリームはお値段も高く日常的に毎日きちんとスキンケアをするのは難しい。そんな風に悩んでいる方もいるかもしれません。

肌荒れを防ぐスキンケアに重要なのは自分の肌の状態にあった方法を選ぶということです。肌の健康状態が良好ならば、化粧水だけでもスキンケアは十分なこともありますし、逆に肌が疲れている時は化粧水にプラスして乳液やクリームを一緒に使うのがおすすめです。

どうして肌荒れしてしまう?

化粧水のみ 美肌

そもそもどうして肌が荒れてニキビや吹き出物ができてしまうのでしょうか?肌荒れの大きな原因の一つにターンオーバーの乱れがあげられます。ターンオーバーとは肌の代謝の仕組みのことで、肌は一定期間の間に古いものから新しいものに入れ替わっていきます。このターンオーバーのサイクルが乱れると新しい肌にうまく入れ替わらず肌荒れを起こしてしまいます。ストレスや睡眠不足などはターンオーバーの乱れにつながるので美肌を目指す時には内面からのケアも重要です。

また、バリア機能の低下も肌荒れを起こす原因となります。肌の表面の角質層と呼ばれるところがバリア機能と関係しているのですが、肌の水分と油分のバランスが崩れてしまうとバリア機能がうまく働いてくれず、外からの紫外線や花粉といった刺激から肌を守れなくなり肌荒れにつながってしまいます。角質層の水分と油分のバランスを保つのに化粧水などのスキンケアが重要なんです。

肌荒れしたくなければたっぷりと保湿しよう!

肌荒れ 化粧水だけ

肌荒れ対策にとても重要なのが保湿することです。保湿とは水分をたっぷりと肌に取り入れることではなく、肌の潤いを保ち水分が逃げていかないようにしっかりとバリアされている状態を保つことです。化粧水はほぼ水分でできており、肌に水分を入れるのに役立つため、肌の状態が良く保湿力が高い人なら化粧水だけでも大丈夫です。

しかし化粧水は潤いを保つための蓋としての機能は少し弱いです。その弱点を補えるのが乳液やクリームです。乳液やクリームには油分が含まれており、美容成分も多く配合されています。肌荒れを起こしている時は保湿力が下がっている可能性があるので化粧水だけでなく乳液やクリームで蓋をしてあげましょう。

まとめ

健康な状態が保たれている肌ならば化粧水だけでもスキンケアは十分なことはありますが、肌荒れを起こしている際は肌の水分と油分のバランス調整がうまく行っていないことが多いため必要に応じて乳液等を使うのがおすすめです。

自分の肌の状態に合わせてスキンケアを行うことがは肌荒れ対策に欠かせません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました