NISAとiDeCoの違いと作られた本当の理由

NISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)という言葉を聞いたことがあると思いますが、今回は違いと、なぜそんな金融商品がつくられたのか理由をさぐってみたいと思います。

sponsored link

NISAとiDeCoの違い

正式名称ですが、NISAはNippon Individual Savings Accountの略で、日本語では少額投資非課税制度と訳されます。
iDecoはindividual-type Defined Contribution pension planの略で、日本語にすると個人型確定拠出年金になります。

目的の決定的な違いは、NISAは資産運用iDeCoは年金です。
解約と資金の受取りがNISAはいつでもできますが、
iDeCoは一度始めると解約はできなく、資金の受取は60歳以降になります。

掛け金の上限では、
NISAは最低100円から年間最大120万円までで、iDeCoは最低月額5000円から年間最大14.4万~81.6万円です。
iDeCoの上限額は職業によって14.4万~81.6万円の違いが生じます。

そして、非課税の期間にも違いがあり、
NISAは最長5年で、そこから10年まで延長ができます。
iDeCOは20~60歳までで、その後延長はできません。

Pointまとめ

NISA 
目的:資産運用
解約・受取:いつでも可
掛け金: 年間最大120万円
非課税期間:最長5年
非課税期間の延長:可能(10年まで)

iDeCo
目的:年金
解約・受取:不可。60歳以降に受取
掛け金: 最低月額5000円から 最大月額1.2~6.8万円(職業による)
非課税期間:20歳~60歳まで
非課税期間の延長:不可

※つみたてNISAの概要はこちら

なぜNISAとiDeCoが作られたのか?

なぜNISAとiDeCoが作られたのか?

では、なぜこのような金融商品が作りだされたのでしょうか?

少額投資非課税制度や個人型確定拠出年金の趣旨を金融庁は「貯蓄から投資へ」と言っていますが、これは表向きの発言といっていいと思います。

日本の年金制度は1960年には 年金受給者1人を11.2人で支えていたのが、2025年には1.8人で支えると言われています。
これでは制度が崩壊することが目に見えています。
これを一番理解しているのが、金融庁です。

だからこそ、年金破綻をできるかぎり避けるためにNISAやiDeCoを作ったといえます。

『年金は将来もらえない可能性が高く、もらえたとしても少額になるので、申し訳ないが国民一人一人が個人で資金運用して年金を作ってください。
運用なので元本保証はなく、減額のリスクはありますが、その替わり運用益は非課税にするし、税金を控除できるようにします』と言っていると解釈できます。

さいごに

運用益が非課税なんでしょ!
所得控除が受けられから税金安くなるんでしょ!
と口コミだけを聞いて、NISAやiDeCoをはじめた方にとって、商品が作られた本当の理由を知ることは非常に大事なことだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました