愛情不足で育った大人どうすればいい?親に愛されなかった人の性格を変える方法

私の友人が少し変わった家庭環境で育ち、親の愛情不足だったために恋愛に依存してしまうと悩んでいます。

依存する恋愛は長く続かず、失恋した後は本当に辛そうで見ていられないほど塞ぎこんでしまいます。少しでも手を差し伸べてあげたいとおもうのですが、本人の深い問題でもあるのであまり突っ込みすぎてさらに悪くしてしまうのが怖くて、踏み込んだ話ができません。

でも何とか力になってあげたいと思い、親に愛されなかった人の性格とはどんなもので、愛情不足で育った大人でも幸せに生きていける方法を調べてみました。

sponsored link

愛情不足で育った大人が幸せになるにはポジティブ思考にチェンジ

親に愛されなかった人の性格で、自己肯定感がとても低いことが特徴としてあげられています。

そのため少しのミスや批判的なことにとても敏感で、すぐにネガティブな感情に持っていかれてしまいます。

しかし誰でもミスや批判的なことはあるので、「ミスは取り返せるし、批判的なことはうらやましがられているから」とポジティブな考え方をするようにしましょう!
このようなポジティブに考える癖を付けることで、ちょっとしたことには動じなくなるようです。

最初はなかなか難しいと思いますし、考え方の癖はすぐに身に付くわけではありませんので、周りも言い聞かせてみたりするなど協力すると早くポジティブに考える癖が付くと思いますよ。

ポジティブ思考になるにはささいなことから素直に喜ぶ

少しでも良いことがあった、認められた、褒められたことがあれば、素直に喜びを表現することが良いとされています。自己肯定感が低いと良いことや認められたこと、褒められたことはたまたま、と良いことがあってもネガティブ感情が勝ってしまうことが多いです。

しかし素直に喜び、感情を表現することで自然と表情や仕草も良いものに変化し、心も明るくなってきます。

良いことがあれば素直にポジティブな感情の表現をしていきましょう。そして周りの人も一緒に喜んであげるなど、その場の空気を良いものにしてあげることも重要です。

愛情不足 大人 どうすれば,親に愛されなかった人 性格

愛情不足で育った大人は頑張りすぎずマイペースで暮らす

頑張りすぎないことも大切です。ミスをしたから取り返す!や褒められたことを継続していく!など頑張ることはとても重要ですが、頑張っても成果が出ないこともあります。人から褒められることも大人になれば少なくなります。そのため頑張ったのに結果が残らないとなると自己肯定感の低い人は特にさらに自信を失うきっかけになってしまいます。

そのため頑張りすぎず、自分のペースで改善をしたり、気分の良いときに褒められたことを再度行ってみるなど、自分の気持ちを大切に、頑張りすぎないことも大切なことです。

愛情不足で育った大人は言葉にだして愛情表現をしてみる

愛情表現をしっかりとすることも自己肯定感を高めることにつながります。親に愛されなかった人の性格で、相手からの愛を強く求める傾向にあります。そのため、依存して必要以上に束縛をしてしまったり、相手に強く愛情表現を求めてしまったりします。

しかしそれでは恋愛は続きません。愛情不足で育った人は自分からの愛情表現は苦手な傾向にあります。

これを改善するために好きなものは好きと自分からも伝えられるように日々言葉に出してみたり、人以外にもお気に入りの物を手入れするときも好きな点を言いながらお手入れするなど、愛情表現をすることを心がけることが自己肯定感を高めることにもなります。

まとめ

親に愛されず愛情不足で育ったことは、本当に悲しいことですが、育った環境のせいにするのではなく、考え方や行動を変えることで、いくらでも幸せになれます。

周りの協力も必要ですが、良いことをしていれば、縁にも恵まれてくると思うので、最初は大変かもしれませんが、少しずつ改善していただければと思います。

育った環境は変えられなくても考え方や行動を変えるのはその人自身です。そして未来を変えるのもその人自身だと思うので、できることから始めて、幸せになってほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました