奥二重線が強い・・・最善策は?どうすればいい?

奥二重線が強い人は、なかなか二重まぶたにしにくく、奥二重をコンプレックスに感じたり、普通の二重まぶたに憧れたりすることがあるのではないかと思います。

ですが、綾瀬はるかさんや吉高由里子さんといった女優さんたちの目は奥二重で、とても素敵で魅力的です。

そもそも奥二重とは、二重まぶたが腫れたり、むくんだりすることにより、二重の線が隠れている状態です。

どうして奥二重になるのか、どうすれば魅力的なのかといったことを調べたので、シェアしたいと思います。

sponsored link

奥二重の原因

奥二重線 強い

まぶたの脂肪やむくみ

まぶたの脂肪やむくみによって本来の二重のラインが見えなくなっている状態です。

加齢などにより皮膚がゆるみ、まつ毛を押し下げることが原因です。

まぶたの腫れ

まぶたがダメージを受けると腫れて、二重のラインが見えなくなります。

洗顔の時などこすりすぎたり、メイク落としが十分でなかったりすることが原因です。

まずは日々の生活習慣から、自分がどちらのタイプで奥二重になっているかを考えておくといいでしょう。

奥二重を魅力的にするには?

奥二重の線が邪魔で二重にならない

奥二重のメリット

本当は二重なのに、目立たなくなっている、二重まぶたにあこがれる、という方も多いかもしれませんが、奥二重はいいこともたくさんあります。

まずは、二重まぶたに比べると上品で落ち着いた印象になることです。

ふわっとしたイメージ、優しい雰囲気、親しみやすそう、という第一印象をもってもらいやすいのも魅力です。

また、メイクが映える、年を重ねても老けにくいというメリットもあります。

魅力的な奥二重にするコツ

奥二重の余分な線を消すことを考える方が多いかもしれませんが、まずは腫れやむくみに気をつけ、自然な二重の状態に近づけるという風に意識を向けるのがコツです。

二重まぶたに無理にしようとせず、奥二重はメイク映えするというメリットを生かしたメイクを楽しむのも素敵です。

メイクで印象を変えやすく、気分によって目元のアレンジを変えられるのは奥二重のいいところです。

メイクによって、すっきりしたクールな目元にしたり、ふわりとしたかわいらしい目元にしたりと、印象を変えて楽しむことができます。

奥二重の線が邪魔で二重にならないまとめ

こすりすぎやむくみが原因で、奥二重になっているのなら、普段の生活を見直してみましょう。

一方で、強い奥二重線のメリットや魅力もたくさんあります。

ゆくゆく年を重ねると、まぶたが薄くて脂肪が少ない二重まぶたの方はしわやたるみができやすくなるのに比べて、奥二重はまぶたに脂肪が多いため、ハリを維持でき老けにくい、というメリットも楽しみです。

無理に二重まぶたにしようとせず、目元のメイクを工夫し、シチュエーションに応じてアレンジを楽しめるといいですね。

最後に参考になる解説動画があったので載せておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました