ゲームでお金を稼ぐのが可能と聞いたのでNFTについても勉強してみた

実は最近暇というか、モチベーションがないというか、なんだかダラダラ時間を過ごしているなぁと感じているところであります。
何か打ち込めることはないかなぁともやもやしているところ、なんとゲームしながらお金が稼げると知り合いから聞いたので、どんなものかといろいろ調べることに。

いきついた先は今はやりのNFTを使ったゲーム。
どうやって稼げるのか、NFTゲームとそれ以前のスマホアプリゲームで何が違うのかなど調べたことをシェアします。

sponsored link

お金を稼ぐゲームアプリとは

“ゲームで稼ぐ”と検索すると、まず出てくるのは、ハピタスやモッピーなどで有名なポイントサイト内のゲームで稼ぐことでした。

確かに、ポイントサイト内なのでポイントがたまればすぐに換金できるのは稼げるイメージはできますが、私の今までの経験上(すでに経験済み)たいした内容のゲームでもなく、たいして稼げません。1日数分~数十分する程度のゲーム内容で稼げても1円や2円程度です。
余裕で却下ですw


次にわかったのは、クイズやパズルを解いて懸賞に応募するタイプのゲームアプリがあるということ。
確かにクイズとかパズルとか数独とかってかなり暇つぶしになるし、ためにもなるんですが、毎日打ち込めるかというとそうでもなく、しかもクリアできてもそこから懸賞に応募ですから、確実にいくら稼げると明言できないところで、却下ですww


次にでてきたのは、DORAKENというRPGゲーム。やっとイメージしていたゲームで稼ぐってやつが出てきたと思いました。
調べてみると2006年から運営されていて300万以上ダウロードされているスマホアプリ。App Storeでは記載されていませんが、Google Playではポイ活×RPGと記載されていて、えっポイ活!?と思ってしまいます。
そして15年以上運営されているので、今までどのくらいの人がどのくらい稼いでいるのか気になるところ、調べてみると4,5年プレイしてる人で数千円から1万円程度でした。
えっ、えっ、マジですか。。。却下ですww
もし、やってみたいと思った方は、こちらのサイトで(お金に換金できる)ゴールドをためるコツを解説してくれているので参考にしてみてください。

ゲームでお金を稼ぐアプリは効率が悪い

いろいろ調べた結果、ゲームでお金が稼げるスマホアプリはほぼほぼないということでした。

稼げるのはオンラインゲーム?

稼げるのはオンラインゲーム

次に発見したのが、オンラインゲームで稼ぐ方法です。
主にMMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム)で
PCを使う方が多いですが、モバイルでもできるゲームもあったので、これってスマホアプリってことやん!と思いながら、どうやって稼ぐのか調べていきました。


すると、オンラインゲームで稼ぐのは、ゲーム内で稼げる(換金できる)というのではなく、ゲームで獲得したアイテムを場外で売買するということです。

場外ってどこ?と思うかもしれませんが、RMT(リアルマネートレード)サイトというのが数多く存在し、そこでアイテムやアカウント自体の売買を仲介してくれます。
ヤフオクなどでも売買がされることもありますが、ゲーム運営会社に発見されるとアカウント凍結や剥奪につながるのでRMTサイト経由で売買したほうが安全です。

ここでわかったことは、単純にゲームをするだけでは稼げないってことで、売買で稼ぐということは需給が合ってはじめて売上げがたつわけで、そのため自分が好きなゲームをするんじゃなく、需要のある稼ぐためのゲーム選定が必要だということです。

なので、オンラインゲームで稼ぎたい場合は、まずはじめにRMTサイトへいってどのゲームのアイテムが高値をつけているかチェックしてからはじめるべきです。
このサイトではRMTサイトの比較一覧がされていて便利でした。

NFTゲームで稼げる?

NFTゲームで稼げる

そして、流行りのNFTを使ってゲームで稼げるって聞いたので調べてみました。

結論から言うと、これも上記のオンラインゲームで稼ぐ方法と同じ感じで、ゲーム内で獲得したNFTアイテムもしくは購入したNFTアイテムをNFTマーケットプレイスで売買して稼ぐ形になります。

つまり、ゲームで稼ぐといってもクリアしたからとか、大ボスを倒したから賞金としてのお金がもらえるのではなく、あくまでアイテムなんですよね。
だからこそNFT(Non-Fungible Token:代替不可能トークン)を使っている意味があるんですが、上記でも書きましたが、そうなるとやはり自分が好きなゲームをするよりは、需要のあるゲームを選ばないと価格が上昇しないので儲からないということです。。。
オンラインゲームはMMORPGが大半ですが、NFTゲームは

なので、まずはNFTマーケットプレイスにいって、どのゲームのアイテムが高値で取引されているかチェックしてからゲームを始めるべきです。
このサイトが国内NFTマーケットプレイス35社を比較してくれているのでとても便利です。
海外(世界)のマーケットプレイスではOpenSeaが一番有名です。

NFTゲームは稼げないくらいデメリットだらけ

ゲームをはじめるのに、難しい手続きはないんですが、アイテムを売買する際、マーケットプレイスへ出品から換金までの参入障壁が高いというか、手続きが面倒くさいです。

仮想通貨取引所の口座開設、ウォレットの作成が余分な作業です。

そして、これは決定的なデメリットと言っていいかもしれません。
いい(高く売れる)NFTアイテムを獲得するには、課金しないとゲームに参加できないことです。
もちろん、どんなゲームも無料で参加できます。
しかし、稼ぐための(儲かる)アイテムを入手するにはそれなりの事前投資が必要になってきます。
これを知って、ちょっとというか、まぁまぁ萎えましたw

しかもその額は3~10万円程(0.1~0.3ETH)は最低でもかかるようです。
もちろん将来性はあると言われていますが、この先のことは誰もわかりません。。。

解説動画もあったので載せておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました